プラセンタサプリの効果ランキング実力版

プラセンタサプリ効果のあるランキング

プラセンタサプリの比較

 

プラセンタサプリには、すでに人気の高い商品だけでも何種類もあります。どのプラセンタを選ぼうか迷ったときには、それぞれのプラセンタの特徴を比較してみることをおすすめします。例えば、プラセンタの含有量や原料、価格、配合成分などを中心にチェックしてみると、いいものが見つかりますよ。

 

プラセンタの含有量
美容面でとるときのプラセンタには、特に副作用のようなことは報告されていません。このため、含有量が多ければ多いほど良いと考えても間違いないでしょう。ただ、プラセンタの含有量が多い商品は、それなりに値段も高くなってきます。中には、たった1粒で10、000mgものプラセンタが含有されているというサプリメントもあります。このプラセンタは、一日分に換算すると約199円の価格になります。こうして、含有量と値段を比較してみるのも、プラセンタを見分けるポイントです。

 

原料や配合成分
プラセンタの原料となるのは、豚や馬が中心です。他にも人体に活用されているプラセンタはありますが、病院で処方される医療用だったりして、市販のサプリメントのように気軽に購入できるものではありません。豚や馬のプラセンタの中でも、どのような環境で育った動物が由来かには気をつけておいたほうがよいでしょう。少なくとも、それらの表示がしっかりされているものを選ぶのが無難です。

 

また、プラセンタだけでもぜいたくな成分ですが、もっと美容成分が含まれたプラセンタサプリを求めている人もいるかもしれません。プラセンタにはそもそもアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、豊富な栄養素も含まれているのですが、これにコラーゲンやヒアルロン酸など、年齢によって減少しがちな成分が配合されている商品が増えています。何が配合されているかを比較するのも楽しいものですが、基本的にはプラセンタの品質を中心に見ておくのが重要です。

 

プラセンタの効果

 

細胞分裂を促進する成長因子が注目されているプラセンタの効果は、実に多岐に渡っています。美容面、ストレスの解消、血行の促進、ホルモンバランスの改善など、全身の健康や美容に向いているといってもいいくらいです。具体的にはどのような効果があるのか、見ていきましょう。

 

美容面での効果
プラセンタには、美白効果があるといわれています。一般にサプリメントを飲み始めてすぐに実感する人が多いのは、肌のハリやつやといった面のようです。年齢を重ねてたるみが出てきた肌でも、パーンとはじけるようなハリがすぐに出てくるといいます。美白にいいといわれるのは、細胞が生まれ変わるために代謝がよくなってメラニンが落ちてくるのでしょう。若い頃のような肌に戻りたいという方には、最適な美容成分といえます。

 

健康面での効果
プラセンタには、ホルモンバランスを整える効果があるとされています。医療用では更年期障害の治療に保険が適用されるなど、実質的に認められている成分です。ホルモンバランスが整えば、生理不順や重い生理痛などからも解放される可能性が高まります。毎月生理痛に苦しんでいる人なども、試してみるとよいかもしれません。

 

血行を促進するために、新陳代謝がよくなって疲労が抜けていくという効果もあります。代謝がよくなるということは、肥満の解消にも向いています。ホルモンバランスにも関係していることですが、プラセンタには自律神経を整える作用があります。そのため、ストレスに耐えやすくなったり、うつ病を予防や緩和する効果があるといわれています。

 

飛蚊症の原因「活性酸素」

 

■活性酸素の発生
身体を酸化(老化)させる「活性酸素」というものがあります。これが目の硝子体の繊維組織を壊してしまうことで、硝子体の中に濁りを作り、視界に点や線、影状といった飛蚊症を映し出してしまうのです。

 

では、硝子体の組織を壊してしまう「活性酸素」とは、どうして発生してしまうのでしょうか。

 

1、紫外線を浴びることで発生
実は活性酸素は、「紫外線」を浴びることで体内に発生します。女性は、お肌のシミやソバカスのもとになるから、紫外線を浴びないように対策すると思います。このようにお肌に悪い印象の紫外線、実はお肌に限らず、目に浴びることでも活性酸素を作り出してしまうということが起きていたのですね。紫外線は目の表面の組織を通り抜けて、眼球の中の硝子体に入り込むことができます。こうして、硝子体の中に活性酸素が発生してしまうのです。

 

2、活性酸素は組織を老化させ、壊してしまう
活性酸素は身体のどこにでも存在し得るもので、体にしてみると「毒素」です。組織やタンパク質、脂質を酸化させるのですが、これが「老化の原因」と言われる理由です。硝子体の中で発生することで硝子体の組織を壊します。壊れた組織が劣化し、硝子体内に濁りを作ります。これが視界に点や線、影状の飛蚊症を映し出してしまいます。

 

■紫外線対策
本来ならば、活性酸素は体内に存在している「酵素」という成分が分解してくれ、一定以上増えないような仕組みになっています。若い内はこの酵素が十分体内に備わっていますが、歳を取ると酵素が減少してしまい、十分に分解できず活性酸素が飽和状態になってしまいます。

 

地球環境の変化で、一昔前に比べると、地上に降ってくる紫外線の量が増えてしまいました。そのため、若い人でも紫外線の影響を受けて飛蚊症になってしまいます。年を取っても活性酸素が増えてしまいますし、一体どうすればよいでしょうか?それは、できるだけ紫外線を浴びないようにすることです。

 

日射しが強い日は特に紫外線対策が必要ですが、いい天気の日に限らず、曇りの日や雨の日でも紫外線は存在します。屋外に出るときには帽子を被ったり、日傘さしたりしてなにか対策をしておくと良いですね。特にサングラスをかけるのが良いでしょう。

 

参考サイト:http://www.mikihirosato.com/

 

シミの種類

 

 

一口にシミと言っても、その種類は様々です。大きさ、色、発生している場所などによって、シミはいくつもの種類に分けることができます。代表的なものは以下のようなものです。

 

・肝斑
左右対称に発生する均一なシミのことです。両頬などに見られます。30〜40代の女性に多く見られます。

 

・雀卵斑
鼻を中心に、小さな斑点のようなシミが散らばって発生するものです。いわゆるソバカスです。

 

・脂漏性角化症
イボ状のシミです。シミの角化が進み、わずかながら盛り上がっている状態です。男性に多く見られます。

 

・老人性色素斑
多くの場合、ハッキリとした丸い形をしているシミです。紫外線を原因として生成されます。

 

・遅発性両側性太田母斑
生まれつきあるシミです。額、目の周り、頬などに青っぽいシミが見られる状態です。

 

上記以外にも、シミには様々な種類があります。また、その原因もそれぞれ異なります。シミに対する治療法も複数あり、シミの種類によって効果のある治療法はそれぞれ違います。シミが気になる方は、まずそのそのシミがどんな種類のものであるのかをよく確認してみましょう。

 

美白サプリ人気ランキング【しみ・そばかす・くすみなどに!】

 

 

シミの治療にレーザー

 

女性にとってシミは大敵です。老化の象徴と呼ばれることもあるからです。シミの発生する主な原因は紫外線です。紫外線を浴びることで皮膚に色素沈着が起こり、シミとなります。

 

紫外線を浴びると、それから肌を守るためメラニン色素が集積します。それにより肌の色は黒くなります。日焼けとは、このメラニン色素がたまった状態のことです。そして、シミはその日焼けを原因に引き起こされるとされれています。若いときの細胞の新陳代謝は活発です。皮膚細胞の再生も順調に繰り返され、もし日焼けをしたとしても、肌は元の状態に戻ります。

 

しかし、肌の再生が部分的に正常に行われない場合があります。すると、その部分のみ、色が黒い状態のままとなってしまいます。肌の持つ再生力は年齢を重ねるごとに低下していきます。そのため、シミが発生するリスクは、加齢と同時に高まっていきます。

 

昔はファンデーションを塗ることくらいしか、シミを隠す方法はありませんでした。しかし、現在ではレーザー治療という方法があります。レーザーによってシミを除去することが可能とされています。皮膚科や美容整形外科といった医療機関で、シミのレーザー治療は行われています。

 

ただし、シミを完全に治すためにはレーザー治療だけでは不十分です。レーザー治療後にもケアを行う必要があり、痛みを感じることも、場合によってはあるとされています。美白剤などの外用薬や内服薬の服用が、レーザー治療と併行して行われるのが一般的です。

 

さらに、化粧品の使用を控える、何かしらの刺激を肌に与えないようにする、といった対策もしばらく取る必要があります。この対策の内容は、シミの大きさや数などの種類によって異なります。さらに、ごく珍しいケースではありますが、やけどや感染症といったトラブルが引き起こされることもあるとされています。

 

レーザー治療を受ける際に重要なことは、信頼できる医療機関を選び、医師と施術前にじっくりと相談することです。また、経済的な問題にも注意してください。シミ取りは保険診療対象外です。そのため、治療費は高額になりがちです。